がん、ガン、癌、悪性腫瘍のファーストオピニオン

toprogo20151202.png                                                                                                      tel0432162525.png

gaku.jpgtopmenu01.pngtopmenu01.pnggaku.jpgtop2.jpgtop2.jpggaku.jpgtop3.jpgtop3.jpggaku.jpgtop4.jpgtop4.jpggaku.jpgtop5.jpgtop5.jpggaku.jpgtop6.jpgtop6.jpggaku.jpg

■ 国際がん予知予防センターとは

 国際がん予知予防センターは、我が国における「がん」の予知予防に関する情報収集はもちろん、世界的な立場として国外において、TMCAマーカー検査を主体とした、がん予知予防や研究を進めることで、世界に革新的な「橋渡し」することに注力しています。
 そのための体制として、関連医療施設や研究所など世界中の機関との連携を図り、その総合力を発揮するために、新しいグロバールネットワークを構築しております。
 世界における、がんに関わる研究者がイノベーションを巡る変化に迅速に対応し先駆的な立場でがんの予知予防に関する活動をこれからも行っていまいります。






gazou.jpg


センター長 :     医師 小林 常雄(こばやし つねお)

1944年鳥取県生まれ、昭和44年鳥取大学医学部卒業後、国立がんセンター内地留学
昭和47〜49年京都大学大学院、昭和54年東京大学大学院卒業
両大学院で生物学を中心としたがんの基礎研究を行い、東京大学院で博士号を取得。
昭和54年   一心総合病院副院長
平成4年    京北病院院長
平成12年6月 IMHCクリニック院長
平成27年12月 国際がん予知予防センター センター長

現在もがんの統合医療に取り組んでいる。

著書:「99%がんを防ぎ死なない方法」(同文書院)
   「ついにわかった癌予防の実際」(主婦の友社)
   「癌、温熱治療法の科学」   (東洋医学舎)
   「告知してこそがんは治る」  (現代書林)
   「親が子どもをガンにする」  (ハート出版)
   「ガン病棟7割生還」 等


■ センター 所在地・地図

〒261-0004
千葉県千葉市美浜区高洲3-21-1 イオンマリンピア専門館1F
TEL:043-216-2525 FAX:043-216-2526

side01.jpgside01.jpg
side02.jpgside02.jpg
side03.jpgside03.jpg
side04.jpgside04.jpg
side06.jpgside06.jpg

side07.jpgside07.jpg
side08.jpgside08.jpg
eg.jpg